貸店舗には居抜きという借り方があります。
前に借りていた人の内装をそのまま譲渡してもらう借り方です。


居抜きには譲渡する側とされる側の双方にメリットがあります。「する側」にしてみますと、原状回復をする費用が発生しないことです。それどころか売却金がが入ってきますのでとてもうれしいことです。

「される側」にしてみますと、最初の資金を抑えて開業できることです。

開業当初はどんな業種であろうとも資金的に余裕があることはありませんので、最初に必要な資金が少なくて済むのはとても助かります。

貸店舗の居抜きには、このようなメリットがありますが、「される側」には気をつけなければいけないことがあります。それは、新たなメンテナンス費用の発生です。
先に、最初の資金が少なくて済むことをメリットにあげましたが、それは裏を返しますと、メンテナンス費用の発生のリスクがあることになります。

自動車にたとえますと、新車よりは中古自動車のほうがメンテナンスに費用がかかるのと同じです。

しかもまかり間違えますと、新車を購入するのと同じくらいの費用が発生することもあります。

同じように、貸店舗の居抜きの場合はメンテナンス費用が高額になる可能性があります。そうしたことに陥らないように念入りにチェックする箇所を知っていることは大切です。内装で最も傷みが起こりやすいのは水周りです。

水道の蛇口の周りとか排水関連の施設とか床の状態などは注意深く確認するべきものです。

仮に、メンテナンス費用が発生しそうなときは譲渡価格を引き下げるなど対応がとれるからです。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12137594002
http://www.rakumachi.jp/news/archives/62515
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14112345004

真剣に会議室の研修に関するお悩み解決にはこちらです。

アルミサッシの窓情報が手に入ります。

会議室の研修情報がリニューアルしました。

オフィスレイアウトのサービスを安定して提供できるよう取り組んでまいります。

納得の西新宿の貸会議室を理解するには正しい知識が必要です。

 
Copyright (C) 2015 貸店舗を探すときにチェックする箇所 All Rights Reserved.